アップル ストアに行ってみた

Mori_Rin2011-10-07

  • スティーブ・ジョブズ逝去のニュースを聞き、なんか、居ても立っても居られない気がして、アップルストアに行ってみた。
  • 普通に営業してた。
  • 大学でのスピーチ動画が幾つかのMacで流れていたくらい。
  • 店員と普通にMac miniの話など。
  • なんか拍子抜けして、店を出たのだが、振り返ると、正面左に幾つかの花束があり、しゃがんで手を合せる男性が居た。

今週のお題「小さい秋、見つけた」その2

  • 「小さい秋」を見付けるべく、お昼に散歩。
  • 暗い日陰で、しかも逃げるので、謎な写真に。
  • そろそろ、FinePix F700も潮時かな。最近、すぐ電池切れになるし、おまけに日時など初期設定に戻って面倒臭い。もう少し明るいレンズで、高感度、ついでに手振れ補正あたりが欲しいところ。
  • でも写真の質はともかく、手慣れて、想定どおりに動いてくれるのは機械として良いところ。画角とかタイムラグとかピントの合い易さ/合いにくさとか無難な露出とか。
    • いっぽう使う機会の多いニコンのデジタル一眼D80,D5000だと、たまにシャッターを押しても反応が無くて、撮影できないってことがあって、頭に来る。フール・プルーフなのか使い方が悪いのか。自分としてはピントが合って無くても、露出がおかしくても良いから、ボタンを押したらとにかくシャッター切って撮影させろと。余計な気遣いはいらないよ。

東北上空を通過した3月11日とカメラ

  • カメラ雑誌で見掛けた二眼レフ ローライフレックス用のプリズムファインダーが格好良かったのだが、地方都市にあるいきつけの数店舗の中古カメラ屋では見掛けることなく数ヶ月が過ぎた。
  • とある都市に赴く機会があったため、道すがら中古カメラ屋巡り。
  • その中で、ほどほどの価格とほどほどの程度のプリズムファインダーを見付けた。隅にバルサム切れがあるものの、ボディに取り付けた状態では気にならないし、写りには影響ない。その後、中古カメラ屋の店員と話し込む。年配の店員しか居ないこの店のなかでは、若干若くみえる。語り口調から、カメラ屋の店員になってから日が浅いようだ。新たなカモを捕まえたいのだろうか。
  • 僕がローライフレックスの、主要なアクセサリーを入手済であることを悟ったその店員は、何とライカを勧めてきた。
  • イカは 、奥深い底無し沼であるらしいとの伝聞から、意図的に避けていたのだが、頑張って説明する店員に気圧されて、いくつかのボディとレンズを手に取った…。
  • その場は、なんとか逃げ出し、空港へ。鞄には、プリズムファインダーのほかに単行本「撮るライカI アンチライカマニアのライカ賛歌」神立尚紀著。
  • 報道カメラマンによる、硬派なライカ本で、カメラオタクに対抗する著者の尖った感性が伝わる文章である。
  • その1ページ目の写真は、阪神大震災で家を失なったと思われる少女…。
  • 飛行機の窓の外を眺めつつ、時折愛用のFinePix F700で空の写真を撮りつつ、ライカ本を読み終えたころ、地元の空港へ到着した。14時半すぎ。窓の向うには、ANAガンダムジェットが駐機していた。
  • そして、ターミナルビルに入ったころに、東日本大震災

  • その後、ローライフレックス用のプリズムファインダーが掲載されていたアサヒカメラ2010年8月号で、Rolleiflex 3.5Fでやわらかいポートレイト写真を撮影していたのが、同じく神立尚紀氏であったことに驚く。あの文章とイメージが全然違う…。

オリンパス ペンFのレンズ、アクセサリを手に入れたり

  • 出張で地方都市に滞在するときは、中古カメラ屋を巡るのが楽しかったりする。ただし、田舎だと35mmフィルムすら入手困難で愕然とする。
  • オリンパス シックスは、淡く甘い描写だった。
  • 他にも、ローライフレックス用のプリズムファインダーを3月11日に入手したなんてこともあったが、話が長くなるので、今日はここまで。

Power Mac G5 は、追い詰められてきたか。

  • 対応しないソフトが大半になってきた。
  • いまさらながら 、 SCSI ボードを買ってきたので、古いMOを繋いで、押入れにある30枚ぐらいのディスクを取り込んでしまおうか。まだ読めるかなあ。
    • ハーフピッチピンのケーブルを探さなくては。